ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2015年05月25日 
歴史

渋谷のハチ公像にも劣らない、長浜駅前の出逢いの銅像とは?


友人と長浜駅前に建つ銅像の前で待ち合わせをしました。やってきた友人が、「この人って誰?」と指をさしました。

左の人は豊臣秀吉(羽柴)やけど、右の人は誰やと思う?

JR長浜駅前にある銅像「出逢い」の人物とは?

JR長浜駅前にある「出逢い」の像です。

長浜駅前にある出逢いの銅像

長浜駅前の「出逢い」の銅像(制作者 山田良定)

それではここでクエスチョンです。左の人物は、豊臣秀吉公ですが、右の人物は誰でしょう?

出逢いの銅像

知っていますか?

石田三成公の像

誰でしょう?

三献の茶の像

私は誰?

正解は、「石田三成公」です。(この頃は15歳で、佐吉という名前でした)

豊臣秀吉公が偉大すぎる為、どうしても影になってしまう人物ですが、長浜駅前に建つ「出逢い」の銅像は、「豊臣秀吉公と石田三成公」です。

「聞いたことがある!」ってなりましたか?

石田三成公の銅像
石田 三成(1560-1600)

滋賀県長浜市石田町出身、安土桃山時代の武将・大名。
天下分け目の関ヶ原の戦いで、東軍徳川家康に対し、西軍の指揮をした。歴史上評価の善し悪しが分かれる人物でもある。

いったい石田三成公は何をした人なの?

戦国武将は刀や槍を振り回して、我先にバッサバッサ敵方を倒していくイメージが強いですが、石田三成公は、どちらかというと、“食料の補給”や“馬や船の調達”、歴史の授業でも習った太閤検地(地域ごとにバラバラだった田畑の面積と収穫量の基準を全国統一し管理した)などで力を発揮しました。

太閤検地米俵

現代の会社で例ると、経営や会計を考える重要な人物であり、後に天下統一を果たした秀吉公(社長)が亡くなった後も支えます。

出逢いの像は、豊臣秀吉公が石田三成公をスカウトした瞬間

織田信長公の下で、働いていた秀吉公は、姉川の戦いで大活躍をしたため、ご褒美に領地をもらいました。それがここ長浜です。

長浜城歴史博物館

長浜城歴史博物館

長浜に引っ越してきた秀吉公は、元々が農民の為、身内が少なく優秀な人材を探す必要がありました。

出逢いの像は、鷹狩りの最中に立ち寄った寺で、幼少の頃の三成公をスカウトする際の出来事を表現されています。この出来事を三献の茶(さんけんのちゃ)と言います。※立ち寄った寺は観音寺、古橋の法華寺の二つの説がある。

相手の気持ちを察する力が気に入られた、三献の茶の話

秀吉公が鷹狩りの最中に、近くの寺へ立ち寄った時のことです。

羽柴秀吉公の銅像
あぁ喉が渇いた〜。茶をくれんか。
石田三成公の銅像
どうぞ。

<一杯目> 大きな茶碗に、ぬるめの茶をたっぷり入れて出しました。

羽柴秀吉公の銅像
うまい、もう一杯くれんか。
石田三成公の銅像
どうぞ。

<二杯目> 先ほどより少し熱めの茶を半分ほど入れて出しました。

羽柴秀吉公の銅像
「ん?こやつ・・・」もう一杯くれんか。
石田三成公の銅像
どうぞ。

<三杯目> 小さな茶碗に、熱い茶を入れて出しました。

羽柴秀吉公の銅像
ふぅ〜美味かった。よし気に入った、わしのもとで働かんか。
石田三成公の銅像
はは〜

単にお茶を飲んでご機嫌になったわけではありません。相手の気持ちを察する細やかな心配りに感心した秀吉公は、三成公を雇用されたと伝わっています。

「出逢い」像の前で、待ち合わせるなんてオシャレじゃないか?

長浜を代表する歴史上の人物の「出逢い」を表現された銅像。長浜の玄関口にシンボルがあるだけに、ここで人と人の出逢いが生まれることを願ってつくられたものです。

長浜駅前で出逢いを

歴史を知り、「出逢い」の意味を知り、待ち合わせるなんてオシャレじゃないか。

渋谷駅のハチ公像

渋谷駅の忠犬ハチ公像

「18時に渋谷のハチ公の前で待ち合わせ〜」にも劣らない、私はこれからも「出逢い」の前で待ち合わせをしよう。

この他にも石田三成公について書いています。

・石田三成ファンの聖地、長浜市石田町を楽しむ5つのポイント
・石田町でハッケン!石田三成公の面影に出会うための工夫とは?
・石田三成が関ヶ原の戦いの後に隠れた「オトチの岩窟をめざして」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーとなる

本日の発見「!」に乾杯

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

ページ内検索

↑ ページの上部へ