ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2015年09月14日 
うまいもん

はじめての長浜観光なら絶対食べたい!名物料理“鯖そうめん”


食欲の秋です。秋じゃなくてもうまいもんが食べたい。あぁー食べたい。
滋賀県長浜市の名物といえばこれ↓

焼鯖そうめん

鯖そうめん

その名も「鯖そうめん」

見たまんまの鯖とそうめんですが、これが美味しい。

人は観光地では、そこでしか食べられないものを求めてしまう

観光地に行くと、その街の名物を食べたいですよね。広島へ行けば、牡蠣やお好み焼き、福岡へ行けば、博多ラーメンやもつ鍋が食べたい。誰もがそこでしか食べられないものを求め観光をします。

ここ長浜に着いたら、まずは名物探しの地図をGETしましょう。

長浜駅の観光案内所

長浜駅の観光案内所

長浜駅の観光案内所に鯖そうめんマップがあるくらい、鯖そうめんをプッシュしている街です。

長浜名物焼鯖そうめんマップ

長浜名物焼鯖そうめんマップ

このマップを見ただけでも、ざっとこれだけ。

長浜名物焼鯖そうめんが食べられるお店

「鯖とそうめんって合うの?」

はじめての人には想像もできない味でしょう。鯖とそうめんが絡み、生臭いイメージがあるかもしれないが全くありません。

「そうめんとごはん!?」

お腹いっぱいになりますが、醤油とみりんの甘辛い味がごはんと相性がGood。

長浜の名物 焼鯖そうめんに込められた思いとは?

そもそも焼鯖そうめんとはどんなものなんでしょう。

長浜には、「五月見舞い」といって、農家へ嫁いだ娘のもとへ、娘を案ずる親が焼鯖を届ける風習があります。その焼鯖とそうめんを炊き合わせて作る「焼鯖そうめん」は定番の郷土料理です。また、長浜曳山まつりの客人をもてなすハレの日の一品です。親の愛、おもてなしの心をこめた「焼鯖そうめん」は、多くの人に愛され、長浜のお店にもそれぞれの味が受け継がれています。今につたえる長浜の郷土料理 焼鯖そうめんマップより引用

娘を思う親心で作られた料理なんですね。また客人をもてなすハレの日の一品というのも、観光地での食事にぴったりです。

鯖そうめん御膳

鯖がしっかりと煮込まれ、身がホロホロ。
ラーメンと同様に、各店舗によって味も見た目も違うし、長浜の各家庭のお母さんの味も違います。検索に頼らず自分の直感でお店選びを楽しんでほしい。

長浜の味だからこそ、観光で食べてもらいたい

私の古い記憶の中にある鯖そうめんは、昔祖母が大きな鍋で煮ている姿を今も覚えています。当時は祖母の作る夕飯が嫌いで、当たり前のように食卓で出てきた甘辛い鯖そうめん。長浜の味やったんやなと、大人になって鯖そうめん意味をちゃんと知りました。

このように郷土料理と親しまれる鯖そうめんを地元の人は、わざわざ食べに行かなくても家庭で食べられます。(今は作らない家庭も多いようで)その分はじめて長浜に訪れた人には、食べてもらいたい長浜の味です。

※ちなみに県外の友人が長浜観光に訪れた際は、全員食べてもらっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーとなる

本日の発見「!」に乾杯

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

ページ内検索

↑ ページの上部へ