ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2014年06月09日 
うまいもん

郷土料理“焼さばそうめん”を長浜観光のお土産にしよう!


観光で他県へ行くと、お土産コーナーにご当地カレーやご当地ラーメン、ご当地スナック菓子など様々な種類で販売されていてついつい買ってしまいます。あまりにも美味しかったら電話で追加注文してしまいます。ネットより早いので。。。

そんなお土産が長浜にもないかなぁ〜。と歩いていたらあるではないですか!

長浜名物焼さばそうめん

ここ長浜では郷土料理の鯖そうめんが食べられるお店はたくさんありますが、お土産にもなっているとは知りませんでした。お土産版の焼鯖そうめんが、どんなものか食べてみたくなったので購入してきました。

焼さばそうめんのお話

パッケージの裏には、鯖そうめんがなぜ郷土料理なのか書かれています。

※滋賀県湖北地方に伝わる郷土料理“鯖そうめん”については、以前の記事で紹介させていただいてますので、>> こちらもご覧ください。

冨久やさんが作られているお土産の焼さばそうめん

この商品は長浜にある企業の冨久やさんが作られている商品です。冨久やさんはお弁当の製造販売や社員食堂、学生食堂を運営されている会社です。いつも昼食時には利用してさせてもらってます。

長浜の冨久や

いざお土産の焼さばそうめんを開封!

それでは開けてみましょう。

焼さばそうめんを開封した

焼さばそうめんとはなんぞやという解説と作り方の手順が書いてあります。

焼さばそうめんの中身

そうめんの他に、特製の出汁、鯖がレトルト袋に2食分入っています。1,080円(税込)

さぁ焼さばそうめんを作ってみよう!

1. お湯を鍋で沸騰させてそうめんを湯がく

そうめんをお湯でゆがく

沸騰してきたので、そうめんを鍋に投入します。

そうめんを湯がく

お箸で軽くほぐす。

2. 湯がいたそうめんを水でさっと冷やす

そうめんを水でさっと冷やす

手早く水でもみ洗い。

3. 鯖を温める

焼き鯖煮を温める

封をあけずに10分ほど温めます。

4. 沸騰させた特製出汁に湯がいたそうめんを投入

焼さばそうめんの特製出汁を沸騰させる

そうめんを冷やしている間、特製出汁を沸騰させます。

特製出汁が沸騰したら湯がいたそうめんを投入

出汁が沸騰したので、そうめんを投入!写真がブレる!

5. 焼さばそうめんを盛りつける

お土産の焼さばそうめんを盛りつける

出汁を軽く切りながら、先程温めた焼さばをお皿に盛りつけるだけです。めっちゃ簡単です!

お土産の焼さばそうめんを実食

焼さばそうめんとご飯

2食分とパッケージには書かれていますが、湯がくとそうめんの量が半端なく多かったので、3人で分けて食べました。
甘辛い味でご飯が進みお腹いっぱいで大満足です。

大手門通りのアーケードにある長浜まちの駅で購入できます

大手門通りの長浜まちの駅

こちらの焼さばそうめんは、長浜駅からすぐにある大手門通りの長浜まちの駅で購入できます。長浜観光へお越しの方は、実際に食べてみてください。こちらの記事にお店を書いてますが、長浜駅の案内所に鯖そうめんのマップがあり、いろんなお店が紹介されています。味を知った上でお土産に買ってみると、長浜へ行ってきたよ感がより一層伝わる商品です。

観光は行った人にしか分からない空気感や味はありますが、これなら長浜の味をお土産にできますね。

関連リンク

株式会社 冨久や
焼さばそうめん 長浜のお土産

長浜 まちの駅へのアクセス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーとなる

本日の発見「!」に乾杯

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

ページ内検索

↑ ページの上部へ