ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2014年05月12日 
おもしろ

見つけられたらラッキー?長浜で見つけた7つのトマソン


ナガジンを始めてから半年が経ちました。休日は何用もないのにカメラをぶら下げながら、長浜を散歩することが多くなりました。街の中を歩いていると、ふとした瞬間に「あっ!!!」っとなる瞬間があります。それは“トマソン”を見つけた瞬間です。

トマソン大図鑑

↑古本屋さんで見つけた、赤瀬川原平さんのトマソン大図鑑。(これをみてから長浜にもトマソンがないか探してみたくなった。)

今回は長浜で見つけたトマソンの写真を紹介します。

トマソンってなに?

トマソンとは一体なんなのでしょう?Wikipediaには、↓このように書かれています。

超芸術トマソンとは、赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物。Wikipediaより一部抜粋

Wikipediaから抜粋してきましたが、これを読むだけでは少し分かりづらいですね。

トマソンの語源

トマソンの語源は、いったいどこからきたのでしょう?

トマソンの語源は、プロ野球・読売ジャイアンツ元選手のゲーリー・トマソンに由来する。トマソンは、元大リーガーとして移籍後1年目はそこそこの活躍を見せたものの、2年目は全くの不発でありながら四番打者の位置に据えられ続けた。その、空振りを見せるために四番に据えられ続けているかのような姿が、ちょうど「不動産に付着して(あたかも芸術のように)美しく保存された無用の長物」という概念を指し示すのにぴったりだったため、名称として採用された。Wikipediaより一部抜粋

トマソンとは非常に説明がしづらいものです。説明より写真を見た方が早いので、こちらをご覧ください。

長浜で見つけたトマソン

1. 一階部分がない螺旋階段

2階から螺旋階段

見えにくいので、正面から。

螺旋階段

なんとかよじ登れても、降りるときが怖い。

2. 壁に向う無用階段

壁に向う無用階段

階段を登った所で壁しかありません。上下運動に使えますが。

3. 外から開けられないドア

開けられないドア

中へ入るには合い言葉が必要です。

4. ドアを開けたら泥棒もびっくり

ドアを開けたら泥棒もびっくり

写真を見ていくと、この辺でなんとなく分かってきませんか?

5. 仲良く道路に並ぶ橋柱

道路に並ぶ橋柱

やっぱり離れているよりも隣にいたい♥

6. バスが来るのか不安になるバス停

バスが来るのか不安になるバス停

バスが来るか賭けてみましょう。

7. キング オブ トマソン 長浜タワー

キングオブトマソン 長浜タワー

長浜のシンボルタワーです。観光客の中には写真を撮る人も。

長浜タワー 1964年(昭和39年)に、地元の資産家が「長浜にも東京タワーのような名物を」という理由で建設。ビルは5階建てで、その上部に「長浜タワー」と文字の入った鉄塔が立つ。なおビルの正面には「NAGAHAMA TOWERBILL」と英語表記が入るが、「BILL」はスペルミス。Wikipediaより抜粋

スペルミスなんてご愛嬌。最上階から長浜を眺めてみたい。

まとめ

トマソンをなんとなく感じていただけましたでしょうか?機能していない物が単純に無用な物というわけではなく、ちょっと笑ってしまったり、可愛らしさを感じられませんか?

長浜タワーを見ても、不動産に付随して機能は全くありませんが、街のシンボルタワーのようになっており、断じて無用な長物ではありません。私が子供の頃からそこにあり、時代と共に変わる街の風景の中、変わらずに昔を感じれる貴重な不動産です。きっとそう感じているのは私だけではないはず。

関連リンク

● 超芸術探査本部トマソン観測センター

▼ 赤瀬川原平さんのトマソン大図鑑を見ているだけで笑えますよ〜。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーとなる

本日の発見「!」に乾杯

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

ページ内検索

↑ ページの上部へ