ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2014年03月19日 
うまいもん

長浜名物鯖そうめん!人気の裏に隠れた、娘を思う親心とは?


観光地でなくても知らない街へ行くと、路地を入ったところにあるお店って気になりませんか?今回紹介するお店は、“夢の小路 良太郎”さんというお店で、まさにそんなお店です。滋賀県湖北地方の郷土料理である“鯖そうめん”をいただきました。

鯖そうめん

長浜名物 鯖そうめんがあるお店。その名も“夢の小路 良太郎”さん

まずはお店へ向ってみます。

大通寺山門の前

長浜駅から大通寺を目指してください。山門の前を左に曲がります。商店街には面していませんので、分かりにくいかもしれません。

大通寺の前の道

この道をまっすぐ行くとお店があります。

余談ですが、山田洋次監督の「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」で、俳優の吉岡秀隆さんと牧瀬里穂さんがこの通りを歩かれているシーンがあります。夢の小路 良太郎さんがお店を改装される以前の姿がチラッと映ります。

夢の小路 良太郎

どうです?旧家を改装され大正ロマンが漂うお店。雰囲気が素敵でしょ。

夢の小路 良太郎の看板

この灯籠は、夜になると明かりが灯ります。それがまた情緒あっていいんです〜。

夢の小路 良太郎の店内

落ち着いた雰囲気の店内。

娘の家事を楽にしてあげたいという親ごころから生まれた鯖そうめん

テーブルに置いてあった鯖そうめんのパンフレットを読んでみます。

鯖そうめんパンフレット

ここ長浜、湖北地方では「五月見舞い」といって、田植えの時期になると、親元から娘の嫁ぎ先に焼き鯖が届けられました。農繁期に忙しい娘の家事を少しでも楽にしてあげたいという親ごころから来たものでしょう。また四月の長浜曳山祭り(*)の時に、「鯖そうめん」を家庭で作り、久々に故郷に帰ってきた親族への温かいもてなしにしました。このように、長浜に家庭料理として受け継がれてきた「鯖そうめん」は、だしがうまくからんだ「そうめん」と「焼き鯖」の味を同時に楽しんでいただけます。”
(*) 曳山祭り:滋賀県長浜市で毎年四月に開催される子ども歌舞伎の上演を中心とした祭り

こんな親ごころ満載なエピソードがあったんですね。。。これを読むまでは知りませんでした。

そもそも琵琶湖なのになんで鯖?と思ったのですが、日本海側から鯖が運ばれたことによって、名付けられた“鯖街道”も比較的近くにあるためでしょうね。次の機会にこの辺りの事を調べてみたいです。

鯖そうめん御膳を注文!

早速、鯖そうめんを注文してみました。

鯖そうめん御膳

<鯖そうめん御膳>

盛りだくさんの鯖そうめん御膳です。甘辛くそうめんによくからんでいて最高です!ご飯に合います。

小鮎の佃煮

小鉢が多いと贅沢な気持ちになります。この小鮎の佃煮もここ長浜ではよく食べられています。

おまけ

私は時々夢の小路 良太郎さんへ飲みにいきます。

良太郎のきつねそば

<きつねそば>

飲んだ後の〆に、いつも“きつねそば”を注文します。これがシンプルでとても美味しいのでオススメ!(ランチメニューにもあります。)

まとめ

長浜へ来て鯖そうめんが食べてみたい!と言ってくれる友人には、いつも夢の小路 良太郎さんへ案内します。観光でお越しの方はぜひ“鯖そうめん”を、良太郎さんをご存知の方は“きつねそば”を注文してみてください。そして、お気に入りになったら“娘心”でお母さんを連れて行ってあげてください。

夢の小路 良太郎へのアクセス


【夢の小路 良太郎】
昼 / AM11:00〜PM14:30
夜 / PM17:00〜PM22:00
定休日•水曜日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーとなる

本日の発見「!」に乾杯

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

ページ内検索

↑ ページの上部へ