ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2017年01月07日 
未分類

【滋賀県最北端の駅】JR近江塩津駅にある懐かしい雰囲気のお食事処“給食屋さん”へ行ってきた

お食事処給食屋のきつねうどん

きつねうどん ¥550

「駅の中で食べるうどん」って懐かしいなぁ〜。ふと高校時代を思い出しました。

私の学校からの帰り道と言えば、コンビニも無ェ〜、マクドナルドも無ェ〜、ファミレスも無ェ〜、唯一あるのは駄菓子屋か駅で立ち食いうどんでした。

今思うとなくてよかったんですが、当時の思春期の私には、長浜や彦根の学校に通う同級生たちが、すんごくうらやましかったのを覚えています。

今も、うどんが食べられる駅があるという話を聞いたので、電車に乗ってJR近江塩津駅(おうみしおつ)までやってきました。

うどん屋さん?いやいや滋賀県最北端にある“駅舎”です

JR近江塩津駅内のうどん屋

うどん屋じゃなくJR近江塩津駅の駅です

どう見てもうどん屋さんか、おそば屋さんのお店の建物にしか見えません。

JR近江塩津駅(おうみしおつ)

こちらにちゃんと“近江塩津駅”と書かれています。

近江塩津駅

さっそく中へ入ってみましょう。中は綺麗に改装されていますが、なんか懐かしさを感じるレトロな雰囲気が残されていますね。

近江塩津駅のホームまでつながる通路

改札口からホームまでつながるこの通路の薄暗さが、なんだか昭和の時代を思い出す。

近江塩津駅内の給食屋さん

お店の名は給食屋さん。自分で“さん”をつけちゃうところが憎めない

おっとこんなところに赤いのれんがかかっています。

その名も“給食屋さん”。ここだ。

きつねうどんが550円安くないか

きつねうどんを注文したら、え、ご飯や小鉢までついてくるの?このボリュームで550円かそりゃ安いっ!

滋賀県最北端の駅、近江塩津駅でうどんを食べる

いただきまーす。ズズ、ズズズズズ〜。関西風の薄味でホっとするわ〜。速攻で完食。

それにしても、なんでお店の名前が、給食屋さんなのか気になったのでお店のおばちゃんに聞いてみた。

「お店の名前ですが、給食屋さんって変わった名前ですね?」
おばちゃん「実は、ここで働いている私たちはみんな、元々地元の学校給食を作ってた人ばかりなんです。」
「なるほど〜!だから給食屋さんなんですね。」一瞬でわかってしまった。

給食のおばちゃんが作る味で、値段も学生さんに優しくて、とことん学生さん思いのお店でした。

近江塩津駅のホーム

私が食べている間も、おばちゃんは忙しくうどんを湯がく。その間もお客さんと話しながら、「次は12時5分の電車やから、まだ20分あるし大丈夫やね〜。」と元気なおばちゃんの声が聞こえてくる。

電車が1時間に1本しか本数が少ないので、給食屋さんでうどんを食べる人たちは、食べる時間を前もって見込んでやってくる。

近江塩津の駅は、のどかであったかい声が聞こえてくる駅だなぁ〜。

おっと、そろそろ電車がくる時間なので、私も次の駅へむかいます。ではまた〜。

JR近江塩津駅構内にあるお食事処 給食屋さん

店名 お食事処 給食屋さん
営業時間 10:00 〜 15:00
住所 滋賀県長浜市西浅井町余 <Googlemapはこちら>

※これらの情報は掲載時のものです。変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーになる

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

長浜のこれど〜こだ?

この写真は長浜市のどこか当ててみよう!

ページ内検索

↑ ページの上部へ