ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2014年09月17日 
見どころ

長浜観光の究極は船で行く。琵琶湖に浮かぶ偉大なる竹生島


日本一大きな湖、琵琶湖。滋賀県外に住む人は、琵琶湖の中に島があるなんて、なかなか知ることはないですよね。実は観光にうってつけの島があります。

琵琶湖に浮かぶ竹生島

それは竹生島(ちくぶしま)と呼ばれる島ですが、「宮島」「江ノ島」とならぶ日本三弁財天のひとつとして知られています。

宮島、江ノ島と聞けば、凄いところというイメージが湧きます。そう竹生島も凄いんです。

今回は、琵琶湖に浮かぶ竹生島を紹介します。

【目次】
▼ 竹生島は映画「偉大なる、しゅららぼん」のロケ地にもなった
▼ 見どころ満載!滋賀県もすごいで!琵琶湖に浮かぶ竹生島
▼ 車が走るスペースなんてない竹生島に県道がある

竹生島は映画「偉大なる、しゅららぼん」のロケ地にもなった

今年(2014年)の3月に公開された映画ですが、長浜市は映画「偉大なる、しゅららぼん」のロケ地にもなりました。(書くタイミングが遅い。。。)

長浜港観光船のりば

まずは、竹生島へ船で向う為に、長浜港にある観光船のりばまで来ました。

偉大なるしゅららぼんの赤い学生服

船を待っている間、しゅららぼんの映画でも着られていた、赤い学生服で記念撮影ができます。ちなみに学生服のメーカーは、Kanko学生服でした。

琵琶湖汽船 べんてん

乗船料は、大人¥3,070(往復)

しばらくすると、長浜港に船が入ってきました。

琵琶湖汽船 べんてん

船に乗り込み、竹生島へいざ出航。久々の船なのでちょっとワクワク。

日本一大きな湖 琵琶湖は滋賀県

「海みたい〜」とは言いません。

長浜港から竹生島へ向う船

「海みたい〜」とは思いません。

竹生島の位置

海ではありません。ここは琵琶湖です。

竹生島に向かう観光船ベンテン

竹生島に近づいてきました。乗船時間は長浜港から30分ほど。

竹生島に上陸

さぁ上陸!竹生島を観光しましょう。

見どころ満載!滋賀県もすごいで!琵琶湖に浮かぶ竹生島

上陸後、急な石段があります。165段上がると見えてくるのが、宝厳寺です。

1. 宝厳寺

竹生島 宝厳寺

2. 片桐且元(かたぎりかつもと)公が植樹したもちの木

樹齢400年と言われるもちの木。賤ヶ岳(羽柴秀吉vs柴田勝家)七本槍の一人片桐且元公が植えられました。

片桐且元(かたぎりかつもと)公が植樹したもちの木

片桐且元公はここ長浜が地元です。

3. 宝物殿

竹生島の宝物殿

名前のまんま国宝や需要文化財が収蔵されている場所。

4. 国宝 宝厳寺唐門(ほうごんじ)

西国札所第三十番でも知られる宝厳寺。

国宝 宝厳寺 唐門

この宝厳寺唐門は、豊臣秀吉公の子、秀頼公によって京都の豊国廟(ほうこくびょう)にある建物を竹生島へ移築されました。(豊国廟:豊臣秀吉公のお墓がある所)

京都の豊国廟へ移築される前は、大坂城にあったものと近年分かったようで、徳川の時代になってから、壊された大坂城の一部がここ竹生島に残っています。

5. 重要文化財 舟廊下

桃山時代 重文 舟廊下

実はここ舟廊下と言われるように、豊臣秀吉公が朝鮮出兵に使用した舟の材料を使って建てられたものです。リサイクルってことですね。

竹生島にある舟廊下

こういう所を見ると、舟の面影が。

6. 国宝 都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)本殿

国宝 都久夫須麻神社本殿

こちらの本殿が国宝。豊臣秀頼公が(1602〜3年)片桐且元公を奉行にし、伏見城から移築されたものです。その時、先程のモチの木を植えられたんですね。

7. かわらけ投げ

かわらけ投げ 願い事を書く

1つは名前。もう1つは願い事。2枚のお皿(杯です)に筆ペンで書きます。

かわらけ投げ 鳥居をめがけて投げる

鳥居の中をめがけて投げる。鳥居をくぐれば願い事が成就すると言われています。ちなみに下に落ちている白いのは、全部ここから投げられたお皿。

何度か竹生島へ来ていますが、今回初めて鳥居の中をくぐりました。写真のような投げ方ではダメです。フリスビー投げが◎かも

ここで終わっては、ただの観光日記なので、ナガジンらしさを追加します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

車が走るスペースなんてない竹生島に県道がある

今回、竹生島へ来た目的は国宝を見に来ただけではありません。ある写真を撮りたかった為です。

竹生島にある郵便差出箱1号丸形

この写真にあるポストの左下を見てください。

県道竹生島線起点

小さな石柱があります。石柱には、“県道竹生島線起点”と書かれています。

お土産屋さんの前に県道319号線

なんと、ここ竹生島に車はありませんが県道があるんです。(県道319号線)およそ100mくらいしかありません。

このお土産屋さんの前を通り抜けると、突き当たりに階段があります。

この鳥居の通りが県道319号線

階段を上がると、鳥居が見えます。お土産屋さんから聞いた情報によると、奥の赤い鳥居のあたりまでが県道のようです。

もう一度琵琶湖から見てみましょう。

竹生島にある県道319号線

なんかこの短さがいいな。。。一枚の写真で県道が全て収まる。

今回の目的は達成。

まとめ

こうやってザッと写真を並べただけでも、竹生島には見どころがいっぱいあります。

以前、長浜市内にある喫茶店で、北陸から長浜観光へ来られた方とお話をすることがありました。その方は、一日目は長浜の黒壁スクエアと木之本を堪能し、二日目は竹生島へ行くと言われていました。確かに日帰りだと、これだけの観光地巡りはハードスケジュールになってしまいますが、二日に分けて観光をすれば、十分ゆっくりと楽しめますね。

琵琶湖から見える伊吹山

長浜駅周辺だけ観光して、日帰りだなんてもったいない。その時の思いつきで、「よし船に乗るぞ!」なんて、予定を変更してみるのもいいかもしれません。

関連リンク

● 竹生島・宝厳寺

竹生島の位置

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ナガジンをフォローしよう!

SNSから最新情報をチェック!

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーとなる

本日の発見「!」に乾杯

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

ページ内検索

↑ ページの上部へ