ナガジンのfacebook  ナガジンのtwitter  ナガジンのinstagram
2019年03月20日 
未分類

長浜駅前で名物の焼鯖そうめんを食べるなら「成駒屋」がオススメ!

成駒屋の焼鯖そうめん

鯖そうめん定食(¥1,300)

長浜観光へ来たのなら、やっぱりこれを食べずに帰るのはもったいない!

このブログでは、なんども書いてますが、やっぱり長浜へ来たら、

“郷土料理の名物焼き鯖そうめん”

は、絶対に外せません。

先日、県外から長浜まで遊びにきてくれた友人から、焼鯖そうめんを食べてみたいとリクエストがありました。

湖北の味、伝統の味を食べに行こう!ということで、今回は“成駒屋”さんへ行ってみました。

成駒屋の場所とお店の様子

成駒屋さんは長浜駅から徒歩2分ほどのところにあります。

成駒屋の焼鯖そうめん

宴会もOK!

創業が明治20年(1887年)の成駒屋さん。滋賀県湖北地方の郷土料理である、鴨料理や湖魚料理が食べられます。

成駒屋という名前を聞くと歌舞伎を思い出しますが、屋号の由来に関係があるようです。

創業明治20年、かって大阪で商売をしていた頃、当店の先々代が浄瑠璃好きで、歌舞伎の初代中村雁治郎の ひいきで屋号もそこからきています。現在も、雁治郎直筆の掛け軸を家宝にしております。

長浜料理組合WEBサイトより引用

成駒屋さんの駐車場はお店の向かい側にある

成駒屋さんの駐車場はお店の向かい側にあります。

成駒屋のメニュー

成駒屋さんのメニュー

成駒屋さんのメニュー

成駒屋さんのメニューはこんな感じです。

冬の時期(11月中旬〜3月まで)は、名物「鴨すき」もこちらで食べられますが、今日の目的は、焼鯖そうめんです。

成駒屋で注文したのはこちら

成駒屋の焼鯖そうめん

鯖そうめん定食(¥1,300)

一般的には、鯖の煮汁でそうめん絡めますが、こちらの違いは、成駒屋さんの焼鯖そうめんは、そうめんが生臭くならないように、そうめんは別に湯がいてあります。なので、タレの絡んでいない白いままのそうめんです。

まぁ〜初めて食べる方がビックリされるのが、

「鯖とそうめん」

の組み合わせと言うよりも

「そうめん&ご飯!!!」

の組み合わせにみなさん驚かれます。

まさかの、「炭水化物×炭水化物」の組み合わせです。

ただ!これだけは言わせてください。甘辛く煮た鯖のタレと、ご飯が絶妙に合うんです。時間をかけてじっくり煮込まれているだけあって、鯖の骨までホロホロになって美味しく食べられるので、ご飯がどんどん進みます。

ぜひ長浜に来たら郷土料理焼き鯖そうめんを食べてみてください。成駒屋さんで食べた後は、黒壁スクエアを散策するのもオススメですよ。

(※小さな子どもさんがいる場合は、二階のお座敷の部屋を使わせてもらえます。)

成駒屋のお店情報

店名 成駒屋
住所 滋賀県長浜市南呉服町5-25
電話 0749-62-3031
営業時間 11:00~22:00
定休日 月2回不定休
駐車場 あり(お店の向かい側にあります。)
その他 店内の座席は、1Fテーブル16席と、2Fに2名〜80名までのお座敷があります
URL 成駒屋
食べログ

※これらの情報は掲載時のものです。変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。
ナガジン
これを書いた人

ナガジン

滋賀県長浜市の「!」が見つかるWebマガジンです。長浜での自らの体験を元に、独自視点でブログ記事を作っています。Facebook , Twitter , instagram

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

「いいね!」って何回言われてもうれしい

あなたの「フォロー」がパワーになる

最近の投稿

人気の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSで購読できます

follow us in feedly

長浜のこれど〜こだ?

この写真は長浜市のどこか当ててみよう!

ページ内検索

↑ ページの上部へ